AX

« 通院 | メイン | 群馬ダムツー »


2017/11/11

栃木ダムツー

昨夜は随分と風がぴゅーぴゅー騒いでた。日頃疲れてるのか、季節柄布団が温々して快適すぎるのか、朝布団から出られない。結局起きたのは9時半だ。

こりゃいかん!ってんで、新しく配布されたダムカード目当てに今市方面に出かけることにして、首都圏二輪ドラ割に登録してからいざ出発。この時間、首都高に乗ったらクルマが多いのは仕方ないか。

東北道に乗っても混雑は続く。四輪の方々は右車線が好きなようで、第一走行車線はガラガラ。追いついても頑として車線を譲らないミニバンだらけ。オレが二輪だからナメてるだけなんだろうけど、そんな走り方するから煽られるのだよ。

宇都宮まではフツーに走って1時間半程度で思ったよりも近い。今市で降りて今市ダムへ向かうと、山が黄色く染まってキレイだ。

imaichi-dam.jpg imaichi-damlake.jpg

R121に戻って北上。小網ダムへ向かうも管理事務所が分からない。県23側でなくてR121側の道端に停めて階段を下りると、ようやく事務所発見。あとで調べてみると、ちょっと先に事務所近くまで入れる道があった模様。うぐぐ。

あ、写真撮ってない(汗

更に北上すると、五十里ダムあたりから小雨がパラついてきた。カッパを着るほどではないものの路面はウェット。とはいえ、ラリーさんのレインプロテクションがいいのか、殆ど濡れない。湯西川ダムもスルーして、「湯西川水の郷」で三河沢ダムのダムカードを頂く。この界隈はいい感じの温泉宿が多く一度泊まってみたいもんだ。雨が小降りになるまで、ちょっと雨宿り。

県249を更に進んで山間の道に入ると、雨が止んできた。路面がドライな箇所もあって、山の影になってる場所は雨が当たらないんだな。ちなみに、三河沢ダムへの林道はゲートありの車両通行止。どうやら徒歩では行けるようだ。

mikawasawa-dam.jpg

土呂部峠に向かってどんどん標高を上げていくにつれ、気温もどんどん下がっていく。レシーバーから「ポーン」という音が聞こえたと思ったら、ラリーさんの気温計は3℃。「寒いから凍結に気をつけろよ」だって。さすがにグリップヒーターなしではキビシくなってきた。

この標識の通り、県350の猿倉方面は冬期通行止。下界まで降りてくると県23とぶつかって黒部ダムだ。このダムの白いエプロン部分は、大正時代に流れ着いた石を使ってるんだそうな。

kurobe-dam.jpg

それから栗山ダムへ。東向きだと県23からの入口がわかんない。地図とにらめっこして西向きに戻ってくると「←東電ダム」って標識を発見。この日陰牧場を通り過ぎ、トンネルを抜けると栗山ダムとご対面。

kuriyama-dam.jpg

栗山ふる里物産センターでダムカードを2枚もらったら県169で霧降高原方面へ。霧降高原へは向かわずに分岐を直進して県245で下界へ。R121まで戻ってきたとこで、「ん、待てよ」と思って中岩ダムへ。これがまたダムを間近で見られる場所がない!

もう分かんないので、閉まった入口の写真だけ撮って配布場所の道の駅へ。オネーサン曰く、ダムを見られる場所が見つけにくいという声が多いらしい。後でGoogle地図で見てみると、R121の変電所の横から入っていくようだ。やれやれ。

nakaiwa-gate.jpg

道の駅で無事ダムカードをもらって本日の目的完了。トイレ行ってから単車に戻るとヘルメットがない・・観光案内所に置きっ放しだった模様。苦笑いしながら回収して、今市ICから東北道で南下。

宇都宮でメシ処を探そうと一般道に降りたつもりが、R119バイパスらしい高規格高架道路へ。結局メシ処は見つけられず、鹿沼から東北道へ。

ドラ割で途中下車OKなので、「そうだ、佐野ラーメン食おう!」と思い立って佐野PAのスマートICで下車。webで調べて飛び込んでみた「麺家ゐをり」さんへ。

iori.jpg

写真も何もないけど、店員のオニーサンに「ウチ来たらコレ食っとけってのどれですか?」と尋ねると塩ラーメンとな。コレが美味い!餃子とミニチャーシュー丼とを食って大満足。

メシに満足したので結構平和な気分で、高速の第一走行車線を快走しつつ帰宅。

本日のルート


20171111route.jpg

本日の走行距離 484km

Post Comment

※TypeKey承認以外はコメントを一時お預かりします。
スパム対策なので何卒ご了承下さいm(__)m

(もちろんHNでOK)

(サイトには表示されません)