AX
2017年07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 収集の品 | メイン | 蚊 »


2017/07/12

タイヤ

A40に交換して10,000km程走った。最初のウチは「コーナーリングでピタッと吸い付く感覚」だったのが、そろそろ交換時期になってくると印象が変わってきた。

worn-tyre.jpg

コンパウンドが無くなってきたのとパターンの段付き摩耗で、路面のザラザラ感が不快なくらい体に伝わってくる。ということは、タイヤ自体が路面の凹凸を拾ってロードノイズも増加。グリップも最初の安心感はどこへやら、ちょっとザラザラした路面でのコーナーリングではどうも不安だ。ダムツーしてると、コーナー途中で水が流れていることがあって、そこを通る時にスパッと滑るようになってきた。

Michelinのタイヤの時は、ライフ終盤でもグリップにさほど不安感はなく、プロファイルが変わることによるリーン時の引っかかりが気になってくるくらいだ。もちろん若干のロードノイズはあるけど、まぁ許容範囲だ。これって、タイヤ全体でグリップさせるか、コンパウンドでグリップさせるかの考え方の違いなんだろーかね。

前回の交換が101,348kmで、今現在113,000kmなので12,000km弱経過。あと1,000kmくらい走れるけど、このタイヤの実質の寿命は9,000kmくらいなのかもね。

Post Comment

※TypeKey承認以外はコメントを一時お預かりします。
スパム対策なので何卒ご了承下さいm(__)m

(もちろんHNでOK)

(サイトには表示されません)