AX

« 工具の話12 | メイン | 工具の話14 »


2017/02/13

工具の話13

ちまたでは河津桜が見頃らしい。例年より2週間早いんでないの?と思いつつ、河津じゃなくてみなみの桜の開花情報を見るとホントに満開らしい。暖冬だったのねぇ。個人的には青木さざえ店さんのサイトの方が見やすいと思う。

さて、番外編として、これまで紹介していなかった工具に登場してもらうことにしよう。

あまりに一般的なのに、殆ど使うことがなくなった工具の一つに、L字型のHexレンチがある。定番のPB製で品質に何の問題もない。ソケットでは入らない狭いところにしか使うことがなくなった。今から買うなら、L字型のHexレンチを買うなら、WERA製の方がいいかも。

PB-hexes.jpg

次はタイヤ交換に必要なタイヤレバー。最初に入手したKTC製のコレを愛用している。2本で足りなければもう1本買おうと思ってたけど、今まで2本で足りている。ゴム部分が適度に痛くなくて良い。

tyre-lever.jpg

タイヤ交換時に結構大変なのが、チューブの口金をリムから出す作業だ。ちょっと便利なやり方を覚えたけど、この引っ張り出しツールの威力は絶大だ。チューブレスの場合、口金は強引に引っ張り出す必要がある。それが上の工具。テコの原理で引っ張り上げる原始的なものだ。支点はちゃんとゴム製なので、ホイールにキズが付かないようになっている。タイヤ交換屋で見てても、結構使用率が高い。

air-valve.jpg

ブレーキのバンジョーボルトを触るようになると、スパナではかなり不安なのでこの工具の出番だ。切れ込みがあるからブレーキホースを回避してレンチが入るし、肉厚なのは強度を保持するためだ。ブレーキ周りは間違って緩めないように11mmや13mmが使われている。これは唯一持ってるBeta製の工具で、確か一番ヘッドがコンパクトだったから買ったような気がする。

flarenut-wrench.jpg

ブレーキホースを外したままだとバンジョー部からブレーキフルードが漏れてくるので、一時的にそのままにしておきたい時に活躍するのが、特殊工具で有名なHASCO製のでかいクリップ。ブレンボ化する時に活躍してくれた。
その他、今まで1回くらいしか登場していないホース外しなんてのもある。

fruid-stopper.jpg hose-remove.jpg

それと、ギアレンチが思いの外便利で手放せない。12mmくらいなら何の問題もなく本締めできるもんね。

gear-wench.jpg

ギアレンチはどこかがPATを持っているようなんだけど、ギアレンチだったりギアテックだったり、何が何だかよーわからん。今度はメガネの首振りギアレンチでも揃えようかなぁ。

Comment

工具さんたちがたくさん登場するけど、けーえるさんちのすごいスペース占有してそうな予感がするのは俺だけ?

一個下にある赤い工具箱に収まってるよ。
特殊工具類は段ボール一個分。

RZRのパーツが多過ぎだけど(汗

Post Comment

※TypeKey承認以外はコメントを一時お預かりします。
スパム対策なので何卒ご了承下さいm(__)m

(もちろんHNでOK)

(サイトには表示されません)