AX
2016年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« クロネコポイント | メイン | 復元 »


2016/01/09

換装

6歳になったウチのiMac(27inch 2009 late)さん。

HDDが壊れることなくよくぞここまで頑張ってくれた。先日購入したSSDに載せ替えるべく、朝から作業開始。っとその前にいろんなサイトで開け方を復習。一番参考になったのはOWCのムービーだ。

詳細や注意点は「2009late imac ssd」でググれば沢山出てくるので割愛。みんなあまりちゃんと書いてないけど、必要なものは

・T10とT8のトルクスドライバー
 T10は液晶とHDDを外すため(本体側)
 T8はHDDからマウントアダプタと位置決めピンを外すため(HDD側)
 ※T8だけで出来なくもないけどね

torx.jpg

オレみたくソケットを使う場合は、短いと届かない(液晶と筐体の隙間が狭くてソケットが入らない)のでご注意を。ドライバーを用意するのが吉かもね。

あると便利なものは

・ピンセット
・磁石(ドライバーが帯磁してれば不要かと)

で、簡単な手順。

1.ガラスを取って液晶のネジ8本を外して(ドライバーが帯磁してないと、ネジが筐体に落ちちゃう)
2.そーっと液晶を持ち上げて、画面左上部にあるケーブル(矢印部分)を外して


rplc-ssd-1.jpg

3.めんどくさいので、全部コネクタ外して(最初のを入れて4つ)液晶取り外し


rplc-ssd-2.jpg

4.HDD外して(ピンもT8で外す)っと、WDのBlackだね。よくぞ6年も働いた!


rplc-ssd-3.jpg

5.SSDにマウント移植。HDDに比べて小さい!(変換マウントはオウルテック製)


rplc-ssd-4.jpg compare-ssd-hdd.jpg

6.SSD取り付け ケーブルの向きの関係で、SSDはひっくり返して装着


rplc-ssd-5.jpg

7.温度センサーは短絡 これで問題なし。


rplc-ssd-6.jpg

8.あとは液晶と配線コネクタ付けて元通りに 力入れちゃってバキッとやったのは内緒(汗)

無事起動したものの、問題はデータの復旧だ。これに時間がかかるのよね。TimeMachineに活躍してもらうとしよう。

Post Comment

※TypeKey承認以外はコメントを一時お預かりします。
スパム対策なので何卒ご了承下さいm(__)m

(もちろんHNでOK)

(サイトには表示されません)