AX
2017年02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

Archive

          

アウトライダー最新号

          
          

天気

Recent Comments

工具の話13
└ べるじあん on 02/20
└ けーえる on 02/21
年賀状
└ Tetsuya on 01/17
└ けーえる on 01/17
新年ですね
└ のり蔵 on 01/11
└ けーえる on 01/17
きな粉もち
└ Tetsuya on 01/17
└ けーえる on 01/17
音源
└ あやパパ on 01/01
└ けーえる on 01/02

Total: 2625 Comments

Categories

Powered by
Movable Type 3.37
          

Firefox Recommended

          
Firefox 2 無料ダウンロード
          

Powered by MT4i

          
MT4i

2017/02/18

種火状態

工具ネタの話を書いていて、ふつふつと湧いてきたRZR復活への思いをどーしたもんか考えてみた。

ガレージの奥をちょっと片付ければ作業スペースは確保できそうだ。まずはFフォークのオイルシールが錆びてた気がするので、O/Hは必須っぽい。Fフォーク錆びてないべか・・開けるのが怖い。

Rサスも新しいのを購入するかO/Hする必要がありそうだ。リンク回りのブッシュ類の在庫はあるので、スイングアームを取り付ければとりあえず自立してくれるとこまでは進むかなと。

1xg-stripped.jpg

この状態(今はバラバラ)になってから18年経つのか・・。

Hi-Side.さんでは、管ヒューズからブレードヒューズに変換するキットもあるようだ。ウチのコのは、ホルダーの金属が折れちゃってるんのだ。こりゃ買いだな~。

資金投入の踏ん切りさえつけば、どうにかなるかも・・・と夢見るのであった。

2017/02/17

マスク

この時期に風邪を喰らうことが多かったので、通勤時にマスクを着用している。まつげが凍ってくっつくことはないし、冷気防止にもなって気管支に優しく、電車でよく出会う強烈な香水臭や鼻が曲がりそうな口臭をある程度軽減できる。

mask.jpg

他人が放つ悪臭防止にはいいんだが、普段あまり自覚できていない自分の口臭も気になるのだな。いやはや困ったもんだ。

2017/02/16

新型

ホンダからニューモデル発売の模様。最近流行のアドベンチャーモデルだ。その名もCRF250RALLYとな。

2017-CRF-Rally.jpg

カッコいいんだけど、250ccで70諭吉はキビシイかもなぁ(汗

2017/02/15

工具の話15

長々と続けてきた工具の話もこれで最終回・・になるかな?(笑

最近配線関係をあれこれやってるので、その辺の工具を紹介しよう。電工ペンチは日本製のコレ。ZZRやKLXの配線に活躍してくれた。こないだGSさんにLEDライトを付けた時にも大活躍。普通のギボシや平型端子をカシメる分には何の問題も無いけど、ワイヤーストリッパーが使いにくいのよね。

crimper.jpg

ほんで、Vesselのワイヤーストリッパーを購入してみたら、面白いように美しく切れる。刃が丸く出来てるので、皮膜がキレイに剥ける。一本1500円くらいならもっと早く買っておけばよかったよ。

wire-stripper.jpg

細い端子でも美しくカシメが出来るらしいので、エンジニアのコレ(PA-21)も買ってみた。もうすぐ出番なので、実力が楽しみな一本だったりする。

PA-21.jpg

細めのTorxが使いたい場面が多くなってきたのでKo-kenの新シリーズ、ZEALの1/4Torxをまとめ買い。やっぱりKo-kenはいいね〜。

koken-torx.jpg

ついでに、ZEALのミニラチェットも買ってみた。空転トルクが軽くて、カリカリカリと気持ちイイ!後ろに見えるのは、大きさ比較用のFacomのチビラチェ。

koken-ratchet.jpg

カリカリ空転が楽しくて堪らん(笑


というわけで、15回の長きに渡って紹介してきた工具達の話もひとまず終了。こんな便利な工具や、意外な便利な使い方もあるよ、とコメント頂けると嬉しいです、ハイ。

2017/02/14

工具の話14

番外編で終わるかと思ったら、もう少しネタがあったのでお付き合い頂こう。

GSさんのオイル交換で必要になったオイルフィルターカップ。これがないとオイルフィルターがうまく外れない。24mmのメガネかソケットを掛けてもよし、9.5sqの穴があるので、スピナーやTレンチを取り付けてもOKだ。

oilfilter-cup.jpg

KLXのスポークを組んだ時に大活躍したのがコレ。スポークニップルレンチ。大体は+の1番で済んだけど、細かい調整はやっぱりコレ。いい経験だったな。

spoke-wrench.jpg

計測用の工具もいくつかある。ノギスといえば「ミツトヨ」。200mmのは当時の部署に出入りしてた業者さんから実費で入手。古いロゴの150mmは一体誰からもらったんだったっけか記憶が無い。

vernier-calipers.jpg

先代KLX-ESの腰上をO/Hしようと思ってシックネスゲージもタコ棒も入手したけど、結局使わずじまい。ネジピッチゲージもあるのよね。キレイな直角を決める必要に迫られて買ったL字の金尺もあって、これは確か木工で使った気がする。

valve-wrapper.jpg gauges.jpg

RZRのステアリングを締めるネツレン製のフックレンチもある。これも原工具さんで購入。確かKLXとZZRのステムベアリング交換した時に活躍してくれてたような気がするなぁ。

hook-wrench.jpg

番外編2はこのくらいかな。

2017/02/13

工具の話13

ちまたでは河津桜が見頃らしい。例年より2週間早いんでないの?と思いつつ、河津じゃなくてみなみの桜の開花情報を見るとホントに満開らしい。暖冬だったのねぇ。個人的には青木さざえ店さんのサイトの方が見やすいと思う。

さて、番外編として、これまで紹介していなかった工具に登場してもらうことにしよう。

あまりに一般的なのに、殆ど使うことがなくなった工具の一つに、L字型のHexレンチがある。定番のPB製で品質に何の問題もない。ソケットでは入らない狭いところにしか使うことがなくなった。今から買うなら、L字型のHexレンチを買うなら、WERA製の方がいいかも。

PB-hexes.jpg

次はタイヤ交換に必要なタイヤレバー。最初に入手したKTC製のコレを愛用している。2本で足りなければもう1本買おうと思ってたけど、今まで2本で足りている。ゴム部分が適度に痛くなくて良い。

tyre-lever.jpg

タイヤ交換時に結構大変なのが、チューブの口金をリムから出す作業だ。ちょっと便利なやり方を覚えたけど、この引っ張り出しツールの威力は絶大だ。チューブレスの場合、口金は強引に引っ張り出す必要がある。それが上の工具。テコの原理で引っ張り上げる原始的なものだ。支点はちゃんとゴム製なので、ホイールにキズが付かないようになっている。タイヤ交換屋で見てても、結構使用率が高い。

air-valve.jpg

ブレーキのバンジョーボルトを触るようになると、スパナではかなり不安なのでこの工具の出番だ。切れ込みがあるからブレーキホースを回避してレンチが入るし、肉厚なのは強度を保持するためだ。ブレーキ周りは間違って緩めないように11mmや13mmが使われている。これは唯一持ってるBeta製の工具で、確か一番ヘッドがコンパクトだったから買ったような気がする。

flarenut-wrench.jpg

ブレーキホースを外したままだとバンジョー部からブレーキフルードが漏れてくるので、一時的にそのままにしておきたい時に活躍するのが、特殊工具で有名なHASCO製のでかいクリップ。ブレンボ化する時に活躍してくれた。
その他、今まで1回くらいしか登場していないホース外しなんてのもある。

fruid-stopper.jpg hose-remove.jpg

それと、ギアレンチが思いの外便利で手放せない。12mmくらいなら何の問題もなく本締めできるもんね。

gear-wench.jpg

ギアレンチはどこかがPATを持っているようなんだけど、ギアレンチだったりギアテックだったり、何が何だかよーわからん。今度はメガネの首振りギアレンチでも揃えようかなぁ。

2017/02/12

工具の話12

ひと通り大体の手持ちの工具の話が済んだので、入れ物の話にしよう。

かなり前から部屋に存在するプラスチックの箱が一つある。アイリスオーヤマのマイキットで、ロングセラー品だと思う。少なくとも20年を越える相当な期間ウチにあるはず。これを工具箱にしていた。

mykit.jpg

この箱の特徴は、蓋を開くとこんな感じで2段分のトレーが開くこと。一番上はそこそこ天井があるので、かさばるモノを置いても大丈夫。下に入ってるのはASAHIのメガネレンチと電工系の部品で、例えばハンダごてとか熱収縮チューブとかナットとか木ねじとか鋸とかが入っている。最近部品で溢れつつあるので、パーツ箱要るかなと思ったり。

mykit-inside.jpg

工具を揃え始めてから割と初期の段階で工具箱を購入した。原工具さんでオリジナルの工具箱を売っていたので、それにしようかなーと思っていたけど、結局買ったのはKTCの工具箱。どこだったかなぁ、アストロで安かったような気がする。ちなみにこの工具箱の一番上には持ち運びトレーがビルトインされている。便利なのかそうでないのか微妙だ。

toolbox.jpg

ソケットの収納には、よくある金属製のレールをしばらく使っていた。2年ほど前にアルマイトのかかったレールにしたものの、あまり状況は変わらない。今まで使った中で便利だと思ったのが磁石式のMTSのマグネットホルダーだったので、その界隈で探してみた。

metal-rail.jpg MTS.jpg

VIMのマグネットホルダーが素晴らしく使い良い。磁石が強力過ぎるので、うっかり鉄板にくっつけると外すのが結構大変だったりする。だからこそなんだけど、32mmのソケットをくっつけてブンブン振ってもガッチリホールドしてくれる。位置決めピンがなくともキレイにレールに乗っかってくれる。

VIM-magrail.jpg

我らがKo-kenのマグネットレールもなかなかヨイ。ソケットを差し込む必要があるが、磁石が結構強力なので片手で外すことができる。Ko-kenの字もKo-ken厨には堪らない!

koken-magrail.jpg

工具箱のトップは磁石モノで整理することにして何本か買い込んだ。問題なのは、この整理ツールが結構いい値段することだ。いろんな工具が必要な時には手が回らないが、今のように、さほど工具の必要が無い時に買い揃えるのがいいかも。

工具箱がかなり重く、ホムセンで買ったワゴンではちょっと心許ない。この頃ツールワゴンが欲しくなってきてヤバイ。このKTCの7段ワゴンくらいのがいいんだけど、8諭吉するんだなぁ・・。

ekw1007bk.jpg

しかも75kgとヘビー級。うーん、重いけど大丈夫かなぁ。しばらくは現状維持で我慢すっか。

2017/02/11

工具の話11

今日はシーツなんかの大物の洗濯してから床屋へ。オーナーさんが単車乗りなのは以前書いた気がするが、最近K&Hのシートを買ったそうで、月曜日(定休日)が待ち遠しいらしい。楽しそうでいいねぇ。

さて、工具の話も佳境に入ってきた。次のネタはエアツール。圧縮空気に先に手を出したのはほそさんだ。当時の彼の住居に遊びに行った時、部屋に青いコンプレッサーがあった。名付けて「ブルー」。程なくして、オレも同じ「ブルー」をストレートで購入。

aircomp-straight.jpg

このブルー、休日の昼間以外に使うのはちょっと躊躇する爆音。それでも古毛布を掛けたり段ボールで囲ったり防音しながら使っていた。圧縮空気は素晴らしく便利で、ハァハァしながらキコキコ空気入れしなくて済むようになって、実にカラダが楽だ。Macの筐体内部のホコリ飛ばしにシューシューとエアブローするとあっという間にキレイになる。

air-gun.jpg

ブルーを買った時に、一緒にインパクトレンチセットを購入した。ソケットも入って8000円程度の破格値。素人がたまに使うくらいだからこれでいいのだ。タタタタタッ!という音とともに、びゅるるると外れてくるナットが実に快感。固く締まったナットやフロントフォークのボトムボルト外しなど、O/Hに活躍してくれた。

air-impact.jpg impact.jpg

面白いところでは、GSさんにも付けたラリーエボのステー。これが手工具でどうやっても外れなかった。ある日試しにインパクト使ってみたら、あまりにあっさり緩んだので笑うしかなかった。手で一気に力を加えるのがいかに難しいかを実感した瞬間だった。今では電動インパクトという便利な道具もあるので、圧縮空気がなくてもOKだ。

RallyEvo.jpg

次に手を出したのが塗装。ちょうど低圧スプレーガンが出始めた頃で、アネスト岩田の小型スプレーガンを買った。アパートのベランダをマスキングでカバーして、RZRの外装を塗装してみた。今思えばよくやったもんだと思う。

spray-gun.jpg balc-paint.jpg

塗装の何が大変って下地処理。下地がキレイなら塗面もキレイになる。塗装の9割は下地で決まるとはよく言ったもんだ、結局赤い塗料を塗る前に作業に対する意欲が減退して十数年経過。

エアドリルは買ったけど殆ど出番がなく、工具箱を無駄に占拠している。エアツールのうち、回転モノって空気を大量に消費するので、電動ドリルの方が使い勝手がいいのだ。

air-drill.jpg

四国からの引っ越し時にブルーには引退してもらい、2年前に静音コンプレッサーを導入。洗濯機程度の音なので、真夜中でなければ車庫で使っても大丈夫。いい時代になったなぁ。

pixie.jpg

最近はもっぱら空気入れとして活躍中。
ふと思いついたのが、安いテント買ってきて、その中なら塗料ミスト飛びの心配なく塗装が出来るんじゃねーの?と。いやいや、そんな妄想はいいから、その前にエンジンを何とかして車体作れって、オレ。

2017/02/10

工具の話10

工具の話も早いもんで10回目。そろそろ着地したいとこだけど、まだネタは尽きないので、もう暫くお付き合い下さいませ。

今回は特殊工具の特集。特殊工具の定義としては、「その作業をするために、無ければできないか著しく困難であって、他の作業にはほぼ全く使い回しが効かないモノ」だと理解している。

トップバッターはチェーンツールだ。KLXはクリップチェーンにしてるけど、ZZRのチェーンはエンドレスだった。エンドレスを交換するには、リアのスイングアームを外すか、チェーンを切って外して、取り付け時はカシメる作業が必要だ。もちろんスイングアームを外すなんて現実的じゃなく、チェーンツールを使うことになる。

chain-excg.jpg

ショップに工賃を払って作業依頼すれば交換は可能だけど、何度か作業を見せてもらってポイントを教えてもらったりしてると、自分でもできそうな気がしてきた。チェーン交換数回分の工賃だと思ってツールを買って作業をやってみたら、思いの外上手くいった。よしよし。グラインダーを追加購入する必要があったのはご愛敬。

grinder.jpg

次はベアリングプーラー。裏から棒でぶっ叩けば外れるけど、非破壊的にベアリングを抜く時にはコイツがないと作業にならない。ベアリングを引っかける「耳たぶ」がキモで、ここがバカになっちゃうとタダの棒になっちゃうので注意。バーナーでまわりを炙ってからコレを使うと、ヌルッとベアリングが取れる。

bg-puller.jpg

フロントフォークをバラすと、シール打ち込みツールが必要になる。純正の特殊工具は高価なので、アストロの安物を工夫しながら使う。コレのおかげで、ZZRとKLXのフロントフォークをO/Hできた。

seal-pusher.jpg

買ったけど使ってないものに、バルブスプリングコンプレッサーがある。先代KLXのエンジンの腰上O/Hをしようと思った時期があって、準備だけはしておいた。今は宝の持ち腐れってヤツだ。

valve-spring-comp.jpg

クラッチをバラす時には、回り止めをするためのこの特殊工具が必要になる。ちなみに、この時に必要だったのが32mmのソケットだ。

cluch-hold.jpg cluch-hld-use.jpg

もひとつ、こんな特殊工具がある。フライホイールを外すための工具で、これ以外何の役にも立たない代わりに、コイツがないと外れないスペシャルな道具だ。KLX用のは十字型だった。

fh-remover.jpg fh-puller.jpg

コイツをコツコツ締め付けていくと、「パキン」とフライホイールが外れるのだ。これこそ特殊工具だよね。エンジン回りでは特殊工具の出番が多くて、沢山の特殊工具にお世話になった。

2017/02/09

工具の話9

今日は朝から雪がハラハラ。積もりはしないものの、夕方もチラチラ降っていた。

さて、そろそろ終盤が見えそうだ。今回は叩きモノと削りモノを紹介しよう。

叩くのに必要なのはハンマー。ホムセンで買ってきたいわゆる金槌が、唯一のハンマーだった。それからしばらくして買ったのが、PBのショックレスハンマー。中に可動する重しが入っていて、時間差で反動を相殺するというモノだ。ガスケットの貼り付いたケースを外すのに重宝したが、最近はテントのペグ打ちに使われている。何とも贅沢な使い方(笑

hammers.jpg

叩かれる相手として、ポンチはスタッドボルト折れ救出の時に、センター決めとして買ったような気がする。頭がナメたボルトを外すのにも活躍してくれたっけ。小さい方のPBモノは先っぽが鋭くて使いいいのだ。やっぱしメーカー品だけあるね。

center-punches.jpg

タガネは主にナメたボルト外しとステムベアリング交換時に活躍してくれた。タガネの尻がめくれてるのがわかるだろうか。相当ぶっ叩いたもんなぁ。この打撃系工具ののお陰で、作業の幅が広がったよ。ちなみに一番下はVesselの貫通ドライバー。マイナスドライバーとしてよりは打撃系として活躍。

chisels.jpg chisel-hit.jpg

スプロケやブレーキディスク交換時には、ねじ山をキレイにするためにタップで軽くさらうと、使用済みのネジロック剤を掃除することができる。M6の1.0とM8の1.25が一本ずつあって、M8はライト精機製、M6はイシハシ精工製。タップホルダーはKo-kenのが欲しかったけど、当時はそこまで余裕がなかったなぁ。

threading-tap.jpg

ZZRのクラッチレリーズのとこのねじ山がバカになっちゃったので購入したのがリコイル。元のネジにタップをグリグリねじ込んでちょっと大きい穴にして、それにコイル状のネジ山を入れるのだ。昔はヘリサートって商標だったのが、E-サートになってる模様。これはバッチリ治って、我ながら結構感動したな〜。

helisert.jpg recoil.jpg

削りモノ最後は、スクレーパー。ガスケット剥がしにはホント重宝した。原工具さんの価格ラベルが懐かしいね。

scraper.jpg

さすがKTCモノだ。